拡張された現実の宝探しのアプリは、ARのプロジェクトのハブになるためにピボットを求めて - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

拡張現実の宝探しアプリでサウス・バイ・サウスウエストで開始してから1年後、ユタ州のスタートアップシークは、そのサービスを「ARのためのYouTube」に変えるアップデートを返した。

消えたサイト特有の拡張現実体験に焦点を当てるのではなく、開発者が拡張現実感プロジェクトを投稿してユーザーの誰かが発見できるハブになりたいと考えています。

Seekの創設者Jon Cheneyは、edtechの会社Cheggのために数年を過ごした後、2016年に開始したオフラインビジネスから進化した伝統的な宝探しゲームとしてこのアプリケーションの開発を開始しました。

チェイニー氏によると、「2016年1月に始まったイベントを運営していた。 「私たちは滝の上に100ドルを置いた。私たちはお金と金額を増やして、ボタンとビルドアウトの手がかりを押すことができるようにアプリを作った。

ポケモン・ゴーの成功を見たチェイニーは、彼の宝探しゲームにAR機能を追加することに決めました。

チェイニー氏によると、成功した事業を始めるために必要なことは、100ドルの収穫とそれを森に埋めることだということが判明した。

SXSWでAR対応バージョンのプラットフォームを開始したとき、それは町の周りに隠された報酬を購入するために独自の収入を使用しました。 成功したこの打ち上げにより、同社はスポンサー付きのAR拡張宝探しを開発する契約を締結したSamsungやCinemarkなどのブランドの注目を集めました。

以来、同社は顧客のリストを拡大し、売上高は約150万ドルに達しています。

現在までに、1000人のAR開発者がこのサービスを商業的に、または単独でプロジェクトを配布するために使用してきました。

ブランドも新しいモデルに集まっています。 チェイニー氏によると、サムスンとライオンズゲートは新しいサービスを利用しているという。 また、シックスフラッグスマジックマウンテンとワーナーブラザーズのプロジェクトも進行中だとチェイニー氏は話す。

チェーニーの最初のバージョンから引き継がれた傾向のある機能と地理的に地図の機能を使って、プロジェクトを発見することができる、とチェイニー氏は語った。

シークにとって、目標は独自のARコンテンツを開発することではなく、AndroidやiPhoneのユーザーが拡張された仮想現実体験のための1, 080億ドルの市場でプロジェクトに晒されるハブになることです。

SeekのAR製品の例を以下に示します。