キャリアのアプリストアが吸うので、日本のKDDIは何か違う何かをして、アプリケーションのための250万ドルの年を引っ張っている - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

Appleが約5年前にApp Storeを立ち上げたとき、同社は今日の成功になるとは考えていなかった。 これは、売上高が110億ドル以上になった(ティム・クックCEOが先月に開発者に支払ったとしている80億ドルの数字に基づいて)収益を上げているものから、キャリアを混乱させる。

以前のフィーチャーフォンの世界では、開発者は以前は電話機のプリインストールのお得な情報を提供するためにキャリアに懇願して懇願しなければなりませんでした。 しかし、最近ではAppleの審査プロセスやGoogle Playに直接向かいます。

いくつかの通信事業者は、VerizonのVcastアプリストアのように何年もの間アプリストアを運営しようとしてきたが、成功していない。 Google PlayとiOSアプリストアは引き続きアプリのダウンロードの主要チャンネルであるため、通信業者はどのように対応して関連性を維持していますか?

KDDIは、別の古いアプリストアを開設する代わりに、昨年、約500のアプリを集めたサブスクリプションプログラムを開始した。 AUスマートパスと呼ばれ、Android搭載端末にプリインストールされています。 毎月5百万人のユーザーが399円(4.20ドル)を支払うことで、開発者に支払う年間収益は最大2億5000万ドルに達する。

それは間違いなくユニークなモデルです。 KDDIは開発者と協力して、アプリをAUスマートパスに参加させるが、しばしばプレミアムまたは特別なロック解除されたコンテンツを要求する。 たとえば、1億2, 000万人以上のユーザーを抱える日本のヒットメッセージングアプリラインは、独占的なステッカーを放棄します。 他のアプリの多くは、通常は有料のものです。

その後、KDDIは、毎月のアクティブな使用状況に基づいて、開発者との全体的なサブスクリプション収入を分割します。 開発者はアプリ内購入を提供することもできますが、Google PlayやAppleのApp Storeが提供する標準の70%ではなく、収益の80〜90%を維持することができます。

米国でKDDIのモバイル事業開発を統括する清水和人氏は、「新しいモデルを開発する必要があり、フィーチャーフォンからスマートフォンへ移行する必要があった」と語った。同社は、企業に持株会社である6, 000万ドルの企業ベンチャーファンドを監督しているニューヨークに拠点を置くタクシーや輸送スタートアップのHailoのように。

「これはアプリ用のNetflixのようなものだ」と彼は付け加えた。彼は、Android端末に2つのアプリストア(Google PlayとブランドのKDDIストア)があれば、消費者は混乱するだろうと述べた。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの日本の通信事業者は、欧米の通信事業者がアップルとGoogleのプラットフォームへの移行にどのように適応しているかを知ることができるというユニークな立場にあります。

日本では、スマートフォンの普及率は依然として50%以下です。 しかし、日本では、このような洗練されたフィーチャーフォン、ゲーム市場、アプリプラットフォームの歴史があり、欧米市場を恥ずかしく思っています。

それでも、GREEやDeNAのような大手モバイルゲームプラットフォーム企業がスマートフォンの登場に適応し、メッセージングアプリラインのようなプレーヤーが興味深い新しいプラットフォームプレーヤーとして登場するにつれ、日本のアプリ配信は劇的に変化しています。 AUスマートパスは、マーケットに侵入しようとしている大規模な開発者のためのオプションとなる可能性があります。

パスは日本とAndroidの携帯電話でのみ有効です。 しかしKDDIはこれを他のアジア市場にもたらす方法を模索している。 キャリアは、写真、ファイル、音楽のための余分なクラウドストレージスペースなどの機能も構築しています。

「これは、開発者のための日本への最初のマーケティングチャネルとなりうる」と彼は語った。