中国ユニコム、10万台以上のIPHONE 5ユニットの受注を獲得 - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

China Unicomは、Sina Techのレポートによると、プリセールスの初日に10万台以上のiPhone 5を注文したと発表した。 ライバルの無線通信事業者China Telecomの子会社は、5, 000台以上の予約注文を受けていると語った。

iPhone 5の米国と中国のリリース日の遅れは、中国の産業情報省の最終承認を待っていたためであった。

Appleは先週、iPhone 5が12月14日に中国(ブラジル、ロシア、台湾など50カ国)で発売されると発表した。iPhone 5は、米国、イギリス、香港、日本を含む47カ国で発売されているシンガポールは9月21日以来、

これまでのiPhoneの発売は一番早いものの、Appleの製品を待つ間に多くの中国の消費者が消えてしまった。 中国は8月に、中国のスマートフォン市場におけるAppleのシェアが、第2四半期中に半分になって10%になると予測した。いくつかのアナリストが来年、中国で第1位のスマートフォンスロットを獲得すると信じているレノボ社は、 Android搭載のLePhoneを含むLenovoの製品は、ブランド認知度が高く、全米で販売されており、中低価格帯での手頃な料金設定が可能です。

しかし、同社は中国市場でのチャンスについては引き続き明るい状況にあります。 アップルの第4四半期決算について、ティム・クック氏は、全会計年度の売上高は、中国が238億ドル(前年同期は100億ドル増)、グレーター・チャイナ(中国、香港、マカオ、台湾)は38%上昇した。