Symbian OSを使用する富士通F2102V電話機 - モバイル - 2018

Anonim

新しいF2102Vは、2003年1月に発売されたF2051の後継機種であり、NTTドコモの日本でのFOMA 3Gサービスにも採用されました。 F2051の開発経験に基づき、富士通はF2102Vの性能をさらに最適化し、以下の強化された機能を実現しました。

- 双眼一体型デジタルCCDカメラを使用したテレビ電話機能、薄暗い場所でもビデオや写真用の補助ライトが装備されています。FOMAネットワーク上でモバイルペイメントやその他の電子商取引を行う際のネットワークセキュリティを強化するためのクライアント認証miniSDメモリカードストレージ機能

- カレンダーと連絡先情報の同期とバックアップを可能にするPC接続

- 約310時間の延長された静的待機時間(動的:約240時間)

- AAC(Advanced Audio Coding)オーディオ圧縮により、NTTドコモのiモーションビデオクリップ配信サービスでCD品質のサウンドを実現

富士通は、Symbian OS for 3Gネットワ​​ークをベースとした先進的な携帯電話の開発の最前線にいます。 富士通は、ますます普及しているモバイル・コンテンツやサービスだけでなく、高度な差別化技術やアプリケーションの作成のための業界標準プラットフォームとしてSymbian OSを採用しています。

高度な携帯電話用に特別に設計されたアーキテクチャであるSymbian OSを使用することで、お客様の特定のニーズに対応するために、迅速で柔軟な製品開発を行うことができました。

Symbian LtdのDavid Levin CEOは次のように述べています。
富士通は、NTTドコモのFOMAサービス用Symbian OSをベースにした最新製品「F2102V」を完成させたことを大変光栄に思っています。 富士通は、世界で最も先進的な携帯電話市場においてSymbianのパートナーとしての地位を維持し続けています。 富士通の最新製品はSymbian OSの強みを活かして、魅力的な第三者のアプリケーション、コンテンツ、サービスを実行できる、非常に差別化された機能豊富な携帯電話を開発しています。

写真やディスカッションはここにあります:
//forums.designtechnica.com/showthread.php?s=cbb074bf1c849cd97f1ae44f86b67195&postid=16541#post16541