HIKARI IFRAME:ANDROID搭載の安価なタブレットPC - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

NTT東日本の子会社であるNTT東日本は、昨日、使いやすいとされるAndroid搭載のタブレットPC「ひかりiFrame(JP)」を発表した。このタブレットPCは、デジタル画像フレームを兼ね備えている。 NTT東日本では、iFrame専用の製品ウェブサイト(JP)を既に立ち上げ、ライフスタイル製品として販売しています。

このデバイスは、7インチタッチパネルディスプレイ、内蔵バッテリー、スピーカー、目覚まし時計、USBポート、SDメモリーカードスロットを備えています。 もちろん、Wi-Fi経由でウェブにアクセスすることもできます。 カジュアルなウェブユーザーにアピールするため、天気予報、レシピ、最新ニュースなどのさまざまなコンテンツを表示するためにタップする必要があるウィジェットを頻繁に使用すると述べています。

ひかりiFrameは2010年上半期に日本でのみ(少なくとも最初は)リリースされます。日本のシステムでは、来年4月から9月にかけての時期です。 NTT東日本では、OSとしてAndroidを使用すると、単価が20-30%低下すると言われています。 同社は現在、20歳代の女性を中心に日本に居住するテストユーザーを探しています。

この動画は、タブレットの実際の動作を示しています:

Via Japan(JP)