NVIDIA、MediaQの買収を発表 - モバイル - 2018

Anonim

契約条件に基づき、NVIDIAは非上場のMediaQを総額7, 000万ドルで取得し、NVIDIAはこれを主に現金で支払う予定です。 NVIDIAの2004会計年度第3四半期に完了する予定である買収は、各社の取締役会によって承認され、規制要件およびその他の慣習的な決算条件を満たしています。

1997年に設立されたMediaQのコア技術は、ビジュアルディスプレイ機能を強化し、接続性を改善し、チップとシステムレベルの消費電力を最小限に抑えます。 同社は、主要なモバイルオペレーティングシステム用のドライバ(Microsoft PocketPC、Microsoft SmartPhone、Palm、Symbian)とOEMの市場投入期間を改善するAPIを含む、包括的なソフトウェアセットを使用して、半導体製品を強化しています。 主要市場セグメントは、3Gおよび2.5G端末、PDA、LCDディスプレイ、およびその他のモバイル機器です。 MediaQの顧客には、三菱、シーメンス、DBTel、Dell、HP、Palm、Philips、Sharp、Sonyなどの主要なハンドセットおよびPDAメーカーが含まれます。

「私たちはNVIDIAと協力することを大変うれしく思っています。」とMediaQ最高経営責任者(CFO)のElie Antounは述べています。 “MediaQの顧客は、NVIDIAの広大な技術とエンジニアリングリソース、製造力、グローバルサポートインフラストラクチャの恩恵を受けるでしょう。

NVIDIAの最高経営責任者(CEO)であるJen-Hsun Huang氏は次のように述べています。「今回の買収により、NVIDIAのプラットフォームを拡大し、ワイヤレスモバイル市場への参入を加速する戦略がサポートされます。 「MediaQの世界クラスのチームは、3Gモバイル・マルチメディア革命の重要な要素である、携帯電話、LCDディスプレイ、PDAの分野における主要技術リーダーとの強力な関係を構築し、強固な関係を築いてきました。 MediaQの買収は、超低消費電力設計手法とシステムオンチップ設計、ならびにMicrosoft Pocket PC、Microsoft SmartPhone、Palm、およびSymbianオペレーティングシステムでNVIDIAの能力を強化します。

詳細は2003年8月7日に開催されるNVIDIAの四半期カンファレンスコールで提供されます。