大丈夫マップイースターエッグは、新しいGOOGLEマップアプリにオフラインモードをもたらす - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

昨夜、Android向けの新しいGoogleマップが出荷を開始したばかりだが、Mapsの旧機能の1つであるオフラインマップモードが突然消えてしまったのは、すでに心配している。 以前のリリースのマップでは、ユーザーは後で使用できるように地図のチャンクを保存することができました(ローミングプランを使って海外に旅行しているときに数メガバイトのデータをダウンロードすると7〜80億ドルの費用がかかります) 、 できません。

Googleはこの機能がまだ新しいバージョンのために完全に準備されていないと言います。 ちょっと待って! ちょっとしたことが戻って来るイースターエッグがあります。


あなたが後で閲覧できるように地図をキャッシュしたい場合は、ここですべて行う必要があります:

  • 地図ビューをキャッシュしたい領域にズームする
  • 検索バーをタップする
  • 「Okay maps」(Google Glassで使用されている「Okay、Glass」ボイスコマンドのオマージュ)
  • 検索ボタンを押す

バム! キャッシュされました。

それは古い "Make available offline"ボタンがそれを作るのに使用されているようには簡単ではないし、しばらくの間、毎回狂ってしまうかもしれない(それゆえにイースターエッグである)が、仕事を完了させるようだ。

(注:これは正常に機能するように、オフラインマップモードがインストールされていない最新バージョンのマップ上にある必要があります。また、古いマップアプリと同様に、ナビゲーションとルートが勝ちましたオフラインで仕事をするGoogleのサーバーでは、地図データのコピーを携帯電話に保存するだけで、移動中やその他のデータの不足時に、行き止まりの路地をStabsvilleまで歩かないようにします残りのGoogleマップは動作するとは思わない)