噂:リンゴを買うことを考えているリンゴ。 魚と寝るIPHONEのライバル? - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

以下は非常にうわさですが、もし本当なら、それは絶対に巨大です。 英国の刊行物によると、Appleが世界の携帯電話プロセッサの大部分を占めるARM Holdingsを買収することを検討しているとの報告がある。 Appleがそれらを購入するならば、それはおそらくモバイル風景を完全に形作るでしょう。

明らかにするために、ロンドンのイブニングスタンダードは、都市の金融地区内の「ゴシップ」を引用しているだけです。 しかし、このようなゴシップだけが、この話に何かがあると確信している唯一の人ではない。ARMの株式は今日8.1ポイント上昇し、正午までに500万株以上が手を入れ替えると同紙は報じている。 今回の買収は、Appleが52億英ポンド(約80億ドル)の米ドルで何かを買っていることを明らかにしている。

昨日、アップルの電話で、Appleは銀行に417億ドルの現金を持っていることを明らかにした。だからこの取引は確かに可能だ。

彼らがこれを実行した場合、Appleの主要な競合企業のほとんどすべてが、デバイスに電力を供給するために新しいチップを見つけなければならない可能性が高いということです。 ARMはチップ自体を作るわけではありませんが、チップをノキア、ソニー、サムスン、HTC、そして多くの他の多くの携帯電話に搭載している人に、その技術をライセンスします。 これには、カスタムA4チップが依然としてARMアーキテクチャに基づいているiPhoneやiPadも含まれます。 これには明らかに、GoogleのAndroidソフトウェアを実行する携帯電話も含まれます。

ARMアーキテクチャはまた、ニンテンドーDSやソニーPSPのようなシステムでも使われています。 基本的に、Appleがこれを行い、ARM(面白い、いいえ?)供給を断つと、それはライバルを取り除くマイケル・コルレオーネ型の操作であろう。

Appleは2008年にチップメーカーPA Semiを買収した。この買収によりA4チップが開発された。 しかし、その買収により、Googleが今購入した新しい会社Agniluxを立ち上げたPA Semiチームの重要なチームメンバーの離脱にもつながった。 ええ、これはますます面白くなっていきます。

更新 :Wikipediaのページによると、Garyのコメントによれば、「 会社(ARM)は、Acorn Computers、Apple Computer、VLSI Technology(Advanced RISC Machines)の合弁会社として設立されました。

MacRumors 経由で