サムスンギャラクシーS IIのグローバル売上高は1000万に達する - アンドロイド - 2019

Anonim

サムスンはアップルとの法廷闘争の真っ只中にいるかもしれないが、同社は自らの角をつけるために少し時間を割いている。同社は本日、ギャラクシーS IIスマートフォンの世界販売台数が1000万台を突破したと発表した。 サムスン電子は、今年初めにギャラクシー・タブの販売を特徴付けているサムスンにとって、小売業者に出荷される単なるユニットではなく、チャネル販売を表す数字に注目している。

「2011年4月下旬に発売されて以来、ギャラクシーS IIは、スマートフォン市場におけるSamsungの業界トップクラスの能力とコミットメントを実証し続けている」と、Samsungの社長兼社長であるJK Shinは声明で述べている。 「わずか5ヶ月で、Galaxy S IIは世界中のお客様に絶大な人気を誇っており、Galaxy S IIを選択したデバイスが世界的な市場で強みを発揮したことを反映して、驚異的な成長を見せています。

2011年第3四半期に2倍以上の売り上げを記録したiPhone 4は、ほぼ5ヵ月後に1000万台を売り上げたのは、ほとんどすべての携帯電話にとってかなりの成果です。しかし、Samsungの売上高は印象的ですGalaxy S IIの継続的な強い需要を示しているように見えるので、同社は携帯電話の2カ月間に500万台を販売していた。 さらに、ギャラクシーS IIはまだ米国市場では重要な候補ではなく、サムスンがAppleの差し止め要求を回避することができれば、販売拡大の余地は十分にあるだろう。

ギャラクシーS IIは、Appleに付与された一時的差し止め命令により、欧州での販売が禁止されているかもしれないサムスンの携帯電話の1つです。この差し止め命令は10月15日に発効する予定です。興味深いことに、その差し止め命令は、 Android 2.3に移行し、携帯電話がAndroid 3.0 Honeycombに移行した場合は保持されません。