タグのHEUERのCEOは、彼が次のスマートウォッチをヒントするようにウェアラブルについて強気です - TECHCRUNCH - アンドロイド - 2019

Anonim

来月のAndroid Wear 2.0(ほとんどの店舗で2月2日のリリース日をあまりにも遠くまで延期している)で、私たちは現時点でCES後の着用可能なちょっとしたパターンに入っています。 Googleのウェアラブルオペレーティングシステムの遅れは、スマートウォッチスペースの減少要因に大きく寄与していましたが、確かにその唯一のドライバーではありませんでした。

TAG HeuerのCEOであるJean-Claude Biver氏はスイスのNeueZürcherZeitung氏との最近のインタビューで、5月に予定されている第2世代のConnectedデバイスの発表を敢行しながら、技術の可能性について強気に思っている。

Biverは名前でAndroid Wear 2.0について言及していないが、ブランドの高級$ 1, 500スマートウォッチの続編には、最新バージョンのGoogle OSが付属しているようだ。 最高経営責任者(CEO)は、製品に関する議論の中で、アップルを含むすべてのハードウェア制作者が本質的に同じ技術と制約を抱えていることを踏まえて、デバイスの区別が難しいと指摘した。

しかし、今度は新しいConnectにはGPS(最後の世代にはない)、長時間のバッテリ寿命、より良い受信、改良されたディスプレイが搭載されています。 もちろん、その値札と同じくらい大きなポイントではありません。 新しい時計はまた、さまざまなサイズと色で到着します。これは、会社が伝統的な時計メーカーとして生産している優位性です。

ここでも興味深いのは数字です。 Biver氏によると、同社は当初予想していた2万台の2倍以上である1500ドルの時計のうち、56, 000台を移動しました。 エグゼクティブは、同社が-150, 000ドルでほぼ3倍になると予想していると付け加えた。 真に画期的なテクノロジーや価格の大幅な下落がなくても、そのような出荷の飛躍を想像するのは難しいですが。

このような生産の増加は、当然のことながらより良いマージンにつながります。 Biver氏はまた、スマートウォッチへの関心が会社のすべてのボートを効果的に引き上げ、会社の非スマートデバイスの販売を増加させると付け加えている。